私がデンマークのフォルケホイスコーレに留学を決めた理由。

今年の4月から5月まで、デンマークフォルケホイスコーレという国の教育機関に留学することが決定致しました!

ずっとずっと大学入学時から留学したいと考えていたので、自分がここまで行動できたことに感動しております。

「行動すれば叶う」ってよく耳にする言葉だけど、実体験が伴うと、本当にこの言葉の意味がわかった気がしております。

逆に、何も行動しなければ、日常は変わることがなくて、同じ毎日を過ごすことになっていたんだなとしみじみします。

私が今回、デンマークに留学を決めた理由と、フォルケホイスコーレとは何ぞや!?ということを伝えられたらな、と思っております。

デンマーク 基本情報

デンマーク、そもそもどこじゃい!!

f:id:summiieee:20160213091947j:plain 出典: http://enjoy.sekaiisan-yay.jp/archives/2010/06/post-216.php

です。北には、ノルウェースウェーデン、陸続きで南にはドイツがあります。

f:id:summiieee:20160213092529g:plain 出典: http://www.ncm-center.co.jp/tizu/denmaaku.htm

こちらが拡大図です。 首都はコペンハーゲンです。デンマークユトランド半島と443の島からからなっており、そのうちの76の島に人が住んでおります。 高緯度にありながらも、比較的穏やかな気候が印象的です。さらに年間を通じて雨量が少ないみたいです。 雨が嫌いな私にとっては、うってつけです。笑

「幸福度ナンバー1」

これって私、すごく魅力的だと思うんですよね!! もうこれだけでデンマーク行きたい!ってなると思う。 国に住んでる人たちが世界一幸せをかみしめて生きてるってすごいことじゃないですか?笑

税金がすんごく高い。

社会福祉制度がとても整っているので、税金はなんと25%!! 日本を基準に考えてしまうと、とても驚いてしまう数字ですよね。

でもその分、仮に失業してしまっとしても、安心して生きていけるのがデンマークなのだそうです。 こういう整備されている環境が、「幸福度ナンバー1」の理由の1つかもしれませんね。

今回私が留学先に選んだフォルケホイスコーレとは

Folkehø jskole(フォルケホイスコーレ)とは、北欧全土に広がる独特の成人教育機関であり、通常の公教育から独立し影響を受けない私立学校群です。 誤解を恐れずに言えば、日本の私立大学などが主催する「エクステンションセンター」や自治体や民間が主催する「カルチャーセンター」、「市民講座」が、寄宿制の学校になったようなものといえるかもしれませんが、エクステンションセンターは大学主催のビジネス、カルチャーセンターは民間企業主催のビジネス、市民講座は自治体主催の市民サービスのイメージがありますが、フォルケホイスコーレは、北欧の歴史と文化を背景に生まれ、しっかりとした教育理念に裏打ちされているものであり、北欧の教育文化としてしっかり根付き、様々な影響力をもっています。 2015年6月現在、フィンランドには約90校、スウェーデンには151校、ノルウェーには78校、デンマークに70校があります。(但しフィンランドのフォルケホイスコーレには残念ながら、現状では原則留学できません) フォルケホイスコーレはデンマークの教育システムのなかでは、「成人教育」のなかに位置づけられていますが、「学校を超えた学校」と指摘する人もいます。 フォルケホイスコーレの特徴を説明すると次のようになります。
*入学資格:原則として17歳半以上であること(学校によっては18歳) *入学試験:ありません。在学中も「試験」と名のつくものは基本的にはありません。外国人の場合、学校によっては比較的高いレベルの英語力もしくは現地語の能力が求められます。 *成績表:ありません。 *修了証・卒業証書:原則、ありません。資格もとれません。 *寄宿生活 滞在中は他の生徒と寝起きを共にし、教師も同じ敷地内に住まっていることが多いです。 *学費:授業料、寄宿料、食費(1日3食)、その他を含めて、1カ月10万円~15万円が目安。(2015年6月現在) *科目:人文科学系、芸術・デザイン、体育スポーツを中心として、さまざまなことを学ぶことができます。 *学習期間:原則、最大10カ月(12週、16週、20週、24週などのコースがある。国、学校によって異なることもあります)。 出典: http://www.folkehojskole.jp/honmon.html

つまり、高校と大学の間にある「モラトリアム」な機関といってもいいかもしれません。 そこで、成績もノルマもなく、ただ自分を考える時間を過ごすのが、このフォルケホイスコーレなのです。

私が考える、フォルケホイスコーレの魅力的な点

日本人が少ない。

私が行く学校は、なんとアジア人すらもいないという状況!! ニュージーランドに留学経験があって、そこの語学学校で日本人と仲良くなってかえってきてしまった私には抜群の環境です。泣笑

費用があまりかからない。

寮費、食費、授業料など込みで1ヶ月に10万円もかからない!?これはフィリピン留学と同じくらいの値段だと言われておりますね。

いろんな専門分野のフォルケホイスコーレがある。

フォルケホイスコーレは、幅広い学問を学ぶものもあれば、専門性の高いものまで本当に様々です。 映画、裁縫、美術、音楽、福祉などがあり、私が8月から通うのも映画学校です。

全寮制である。

このポイントも、私にとって本当に魅力的でした。 語学学校のような場合だと、3時くらいに学校が終わり、そこから自由です。 ここから、学校のアクティビティーなどに参加するのもありですが、基本的には自由なので、その自由の使い方はそれぞれです。 私にとっては、せっかく留学に行くのだから、完璧自分の生活を留学モードにしたい、というか、 生まれ変わるレベルで根本的な生活を変えたい(言い過ぎ?笑)だったので、この全寮制はうってつけのものでした。

本当に、偶然見つけることができたのがフォルケホイスコーレだったような気がします。

いろんな国籍の人がいる。インターナショナル!!

デンマークの教育機関だから、デンマーク人ばっかりなのでは!?とも聞かれますが、 実はいろんな国からフォルケホイスコーレに来ているのです。 まだアジアの方には広まっていないので少ないですが、ヨーロッパの人が割合的には多いのかな? でも、インターナショナルという意味で言えば、唯一の日本人として、アジア人として新しい環境に飛び込めるっていうのは、なかなかない経験だと思います!

いまの悩み事

学校は4月からなのですが、早々と3月から旅たってしまおうかと考えおりまして、 しかしそうなると4月からの授業費とやらが間に合わず、、、本当に悩んでおります。

日本でバイトしろーーー!という話なのですが、 それでは休学する意味がないような気がしております。

いまは必死に3月から1ヶ月分のデンマークでの当てを探しているところです、、!!