学生時代、私は常に不安だった。[学生時代にやってよかったこと、よくなかったこと]

「人生の夏休み」と呼ばれる大学生の期間。だけど私にはこの「自由」が不安でしょうがないものでした。何をしても誰にも言われない、何をしてても本人の責任。常に不安で、だからこそスケジュールは人に会う予定を入れまくっていました。そして何日後の空白のスケジュールがあると、どうしても焦りと不安に駆られて。そんな大学生活でした。今思うと、予定を入れることで心の孤独を満たしてたんじゃないのかなあ。 でも私は選んだ会社によって、社会人になって場所とか人とか生活とか環境が大きく変わって。だからこそやっと自分の人生を真剣に自分の頭で考えるようになりました。そんな不安でいっぱいの私だったからこそ伝えられる[学生時代にやってよかったこと、よくなかったこと]があるんじゃないかと思って、この記事を書きます。

やってよかったこと

いろんな人に会いまくったこと

 とにかく人に会いまくってました。実家があんま好きじゃなくて、家にいたくなかったからってのも理由にあったからかな。おかげで店も覚えたし、東京っていう場所をこれでもかってくらい満喫しました。いろんなバイトもしました。これが一人の時間が怖いために、人と会うことで「時間を消化していた」というならそれまでだけど、そんな考えはしたくないな。

恋愛をしたこと

 恋愛を沢山しました。社会人になって思うのは、やっぱり学生のときの恋愛と違うんですよねー22,23になってくると嫌でも付き合うときに結婚っていう視野が入ってくるんですよ。これは人によるし、そして男性女性の違いもあるかもだけど。でも、学生って、目の前の人を「好きか嫌いか」で見れる。社会人になると結婚を視野にしなきゃいけない。その人のことを「好きか嫌いか」の感情だけでみれるのって学生の特権だったなーと思いました。今思えばほんとにすてきだなあ

やっておけばよかったこと

一人暮らしをすればよかった

 社会人になって一人暮らしをしてみて、これまでどれだけ親に頼っていたからかを実感しました。家事とかももちろん覚えるんだけど、それ以上に「自分の人生は自分で作るんだ」ということを学べました。実家が嫌でほんとに家を出ようと決意したときがあったんですね、家賃とか相場とか調べて。でもそのときちょっと諦めちゃったんですよね。そのちょっとの諦めが悔しいなあとは思います。学生は、やりたい!って思った事が何でもできます。できない方法は「諦める」これ一つです。諦めた瞬間になにひとつできなくなります。自分でできなくしちゃってるからね。これはホリエモンの「多動力」を読んでそう考えるようになりました。学生のときはこの考え方はなかったからわからなかったけど。だからこそ大学生の人には、その「やりたい」っていう芽を抑えないでほしいです。これを長ったらしくここに書いてしまった。

映画をもっともっと見ればよかった

 時間がたっぷりあった大学時代。AmazonPrimeStudentなど、学生に向けてお得な映画のサービスもあります。はあちゅうさんと霜田秋宏さんの早稲田のトークイベントとかで映画とかで見た経験はいつか「点と点でつながる」って言ってて。その意味がなんとなくわかるなーって思います。一つ一つは違うんだけど、

何か資格をとってもよかった

SNSにとらわれすぎた

他人と比べる必要はなかった

「4年間続けたもの」を作ってもよかったかも

 サークル活動、アルバイトなど私は中途半端でやめてしまったものが多かったです。難しいですよね、やめるか続けるかの選択。大学生ってサークル、アルバイト、ゼミ、クラスなど何か一つは「所属」が出来ると思うんですけど、その中で一つだけ4年間やりきるものを選んでみるのはいいと思います。自分でやりたいことをやるのも大事なんですけど、やっぱり卒業の時に「4年間やり抜いたもの」を持っておくと、自分の中で自信になる。と思います。

食に気をつければよかった

 幼いときから甘いものが大好きで、基本お菓子を食べてました。親のご飯もあんまり好きじゃなくて、気付いたら一日お菓子とかパンってことも。大学生って無理してなんぼ??ってところもありますよね。しかも若いから意外といけちゃったりする。けど、やっぱりほんとに健康が基本!!これによって全部のモチベーションが左右されます。 私普通に体がだるくて、一日寝ないとなんも出来ないときとかあったりして。でもこれじゃ、もったいない!ってか自分が一番つらい。食と運動が基本であるからこそ、頭の片隅に置くくらいの気持ちできをつけといた方がいい。 大学によっては結構いい感じのジムとかフィットネス教室とかやってるから、そういうの使ってみるのもいいかも。学割とかで普通のジムとか安くなったりするしね!

学割を使って、美術館とか行ってみるのも

大学生の学割って最強だと思います。

遊びも大事だけど、教養はもっと大事

[社会人になっても意外とできること] ・旅行 ・遊び

[これから] 社会人になって、実家を離れたことは私にとって大きなターニングポイントになりました。 でも全体的には、やっぱり”人の目”を気にしすぎていたのかなって思います。

・みんな「孤独」  「孤独」と向き合おう

私は誰と会っていても常に孤独でした。朝までオールしても、彼氏ができても、やっぱり心の中は孤独。みんな孤独なんです。 孤独だなーって思って、こうしたいなーって思って。

・人と比べない やっぱり遊んでいる方が大学生活エンジョイしてる、キラキラしてる、って見えるんですよね。うらやましかった。遊んでいるのが美徳??って思ってたし、常に誰かといたかった。

・お金を言い訳にしない

大学生の皆さん、大学生活、後悔のないように楽しんでください!!